在去年9月文章里提到:《策动琉球独立:背后阴日本的狠招》。

那么今年,果然中国应该好好出手了……

为了避免转载了月经贴,特意去了google.co.jp查找了一下,果然是1月26日日本网站zakzak的新闻。

【沖縄が危ない】中国万歳!?沖縄で勢い増す「反日」「反米」世論

【冲绳危急】中国万岁!?冲绳“反日”“反美”情绪日益高涨

2013.02.26

冲縄ではいま、「反日」「反米」の机运が异常に高まっている。これまで冲縄政局といえば、保守と左翼(革新)に分かれ、「米军基地との共存共栄」か「基地撤去」かで拮抗していたが、いまや冲縄本岛を中心に「ァ」プレイ配备阻止」「普天间飞行场県内移设反対」という世论で一色である。

目前,冲绳反日、反米气氛高涨,不同寻常。此前,冲绳政局分为保守与左翼(革新)两派,“与米军基地共存共荣”与“赶走基地”这两种观点呈对抗之势。但如今冲绳本岛只有一种论调,即“阻止鱼鹰的配备”、“反对普天间机场留在冲绳县内”。

ァ」プレイ配备に少しでも肯定的な発言をすれば、これまで政治的発言をしてこなかった町内会やPTAのメンバーからも纠弾される。まさに、「冲縄VS日米」という対立构図になりつつある。

对配备鱼鹰哪怕只有一点肯定的意见,就会受到当地居民委员会等组织的攻击,而此前他们从未对政治如此关心。可以说,“冲绳VS日米”的态势正在当地逐渐形成。

こうした运动の中心になっているのが、那覇市の翁长雄志(おなが?たけし)市长(62)である。昨年9月に开催された「ァ」プレイ配备反対県民大会」の共同代表でもあった。

推动上述运动的中心人物是那霸市市长翁长雄志(62岁),此人正是去年9月召开的“反对鱼鹰配备县民大会”的共同代表。

翁长氏は、那覇市议と冲縄県议を2期ずつ务め、现在、那覇市长4期目。かつては自民党冲縄県连干事长として、普天间飞行场の県内移设を推进していたが、现在は「安全保障は日本全体で考えるべきだ」と県内移设反対に転じた。

翁长曾分别当选各2期的那霸市议员和冲绳县议员,目前担任那霸市长,已是第4个任期。以前曾作为自民党冲绳县联合会的干事长,推动普天间机场在县内的搬迁,但目前却宣称:“安全保障应由整个日本(共同承担责任)”,反对将普天间机场留在县内。

国民新党の自见庄三郎代表は先月30日、こうした冲縄の雰囲気について、「(政府が普天间の県内移设を强行すれば)冲縄が独立国家になる」「国内ゲリラは分离独立运动が原因で起きる。国のかじ取りによっては、东京でも爆弾テロが発生する」と危机感をあらわにした。

国民新党的自见庄三郎党首在上月3日表示,“(如果政府强行推进普天间机场在冲绳境内的搬迁,)冲绳将成为独立国家”,“分离独立运动将使得日本国内出现游击队,政府如果处置不当,东京将发生炸弹袭击等恐怖事件”,对冲绳形势表示了强烈危机感。

「反日」「反米」世论が势いを増す半面、冲縄では「中国拝跪(はいき=ひざまずいておがむこと)热」が高まっている。

除“反日”、“反米”舆情高涨外,冲绳还出现了“中国跪拜热”。

首里城公园で1月2日、琉球王国时代の旧正月の仪式を再现するイベント「新春の宴」が催された。式典の最後で、王府高官を演じる役者は大声で「ワン?ワン?ワンスーィ(=中国万歳)」と叫んだ。残りの役者たちも直前、高官の号令に并せて「ワン?ワン?ワンスーィ」と合唱し、一斉に北京に向かって合掌、黙礼したのである。

1月2日,首里城公园举办了重现当年琉球王国时代春节仪式的“新春之宴”。仪式结束时,扮演王府高官的人高呼“万、万、万岁(=中国万岁)”,其他扮演者也跟着号令一起高喊“万、万、万岁”,同时面向北京合掌施礼。

これを见ていた中国人観光客は「やはり冲縄は中国のものだ、1日も早く解放せねば」と语っていたという。

据称,当时在场的中国游客见此光景,说:“冲绳果然是中国的。要赶快解放”。

冲縄のNHKはこの日のニュースで、このイベントを何度も放送していた。皇居?宫殿では同じころ、新年恒例の一般参贺が行われていた。奄美大岛(鹿児岛県)以北のNHKでは、天皇陛下が新年のお言叶を述べられる様子が缲り返し放送されたが、冲縄での放送は少なかった。

冲绳NHK在当天的新闻节目中,反复报道了这一活动的消息。与此同时,天皇皇宫正在举行例行的新年参贺。奄美大岛(鹿儿岛县)以北的NHK均反复播放了天皇陛下新年致辞的报道,而冲绳县对此却漠不关心,报道力度很小。

天皇、皇后両陛下は昨年11月17日、冲縄県をご访问された。18日夜には、那覇市内で県民による「天皇皇后両陛下奉迎提灯大パレード」が行われ、约8000人の県民が参加した。ところが、冲縄の新闻やテレビは、このパレードをほとんど报道しなかった。

去年11月17日,天皇、皇后两陛下访问冲绳。18日晚,那霸市内举行了“奉迎天皇皇后两陛下灯笼大行游”,约8000县民参加。但冲绳当地的报纸和电视台对此活动几乎无任何报道。

冲縄のメディアが最も热心に报道していたのは、18日朝に発生した酩酊した米海兵队将校による民家侵入事件だった。

当时冲绳媒体高调报道的是,18日晨发生的米海军陆战队军官闯入民宅的事件。

其作者为:

■惠隆之介(めぐみ・りゅうのすけ) 1954年、沖縄県コザ市生まれ。78年、防衛大学校卒業、海上自衛隊幹部候補生学校、世界一周遠洋航海を経て、艦隊勤務。82年に2等海尉で退官し、銀行へ就職する。97年 米国国務省プログラムで国際金融、国家戦略などを研修。現在、拓殖大学客員教授、八重山日報論説委員長。著書に「誰も語れなかった沖縄の真実」(WAC)など。3月中旬、「沖縄が中国になる日」(育鵬社)を緊急出版する。

惠隆之介(Ryunosuke Megumi),1954年出生于冲绳县。78年毕业于防卫大学、海上自卫队军官候选学校,世界各地远洋航行,舰队勤务。于1982年以中尉退役,在银行就职。1997年,在美国国家方案和国家战略研修国际金融。目前为拓殖大学客座教授、八重山日报主笔。著有《我不能告诉任何人冲绳的真相》等(WAC)。3月中旬紧急出版《冲绳将成为中国之日》(育鵬社)。

冲绳2013
冲绳2013

共有 0 条评论

    发表评论

    电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注